タイヤの空気圧の点検はどこでするの?チェックする頻度と期間はいつ頃?

車を所有するといくつかの点検があります。 その一つに『タイヤの空気圧の点検』があります。

タイヤ空気圧の点検には『空気圧の低下』を点検することと、4つのタイヤの『空気圧のバランス』点検も兼ねています。

空気圧点検を怠ると安全面に支障をきたしてしまいますから、 忘れずに点検をしなければなりません。

車を初めて所有した方の多くには、『点検をする際はどこで点検するの?』、 『どれくらいの頻度で点検を行えばいいの?』『点検は有料?無料?』と思われる方が多いと思います。

この記事ではそれらの不安を解消する、お話しをしていきます。

Sponsored Link

タイヤ空気圧の点検は給油時にガソリンで行う

タイヤの空気圧点検は、『ガソリンスタンド』で気軽に行えます。

自分で点検することもできますし、ガソリンスタンドの方に依頼する事もどちらも可能です。

多くの方はガソリンスタンドの方に依頼しているように見受けられます。

『タイヤの空気圧の点検』のみの為にガソリンスタンドに行く事 は手間になりますので、ガソリン給油の際に、同時にタイヤの空気圧を点検していただくことがおすすめです。

依頼の仕方は、ガソリン給油時に『ハイオク満タン、カードでお願いします』などと伝える際、同時に『タイヤの空気圧もチェックしてもらうことはできますか?』などとお伝えすれば、4つのタイヤ全てをチェックしてもらえます。

ガソリンスタンド以外の場所では、ディーラーやタイヤ販売店やカー用品店で点検していただく事も可能と思われますが、おそらくタイヤ空気圧の為に急に訪れたとしても少々無理かもしれません。

と言いますのは、他の用件のお客さんもいますので、あらかじめ予約をとっておかないと受け付けてくれないと予想します。

気軽に立ち寄れて店舗も一番多くあるソリンスタンド一番おすすめです。

空気圧点検や補充は無料!ほぼ給油中に完了!

Sponsored Link

ガソリンスタンドで空気圧点検を依頼した際の費用は『無料』です。

点検にかかる『時間』『ほぼ5分以内』には完了します。

ガソリンの給油中に空気圧の点検を同時に行い、給油の方が早く終わります。

そこから2分~3分くらいの間に空気圧の点検が完了します。

全てが完了するまでに5分程度です。10分までかかることはないでしょう。

空気圧点検依頼の前に確認しておくことは?

タイヤの空気圧の点検を確認する前に『確認』することは、『タイヤの空気圧をいくつに設定』するか確認しておきます。

設定数値がわからないと、空気圧の確認作業が出来ませんので、事前に設定する値を確認してから依頼をします。

確認場所は、多くの場合は運転席側のドアを開いたところに『タイヤ空気圧』が記したステッカーが貼ってあることが多いです

あるいは、所有している車の『取扱説明書』に記載してありますので、そちらに目を通しておくと見つかると思います。

設定圧力の単位は、[kgf/cm^2] あるいは[ KPa か MPa ]で表記しあることが多いと思います。

どちらか一方をお伝えして大丈夫です。

簡単に言うと、[kgf/cm^2] は、日本で通用する単位。

kPa (MPa) は、世界共通の単位といったイメージです。

言語でいうと、世界共通の言語は英語。

日本語は日本でのみ通用する言語に似ています。

適正な空気圧のチェックを行う頻度は?

タイヤの空気圧のチェックを怠ると安全面に支障をきたすことや燃費が悪くなることやタイヤの磨耗が激しくなるなど、良い面がありませんので定期的に点検をしなくてはなりません。

その点検を行う『頻度』は、一ヶ月に一回と言われています。

月に1回の点検ですので、給油時にあわせて行うことが良いと思います。

Sponsored Link

実際の頻度と空気圧について

タイヤの空気圧点検は『空気圧の低下』による点検もありますが、 4つタイヤの『空気圧のバランス』をとる意味も兼ねています。

空気圧が大幅に低下する前に、まずは各4つのタイヤがそれぞれに空圧低下を生じ、それがアンバランスとなり、次にはっきりと空気圧の低下が目に見えて表れます。

これは実体験のお話で、車に乗る(走行)頻度にもよるところがありますが、週に1度や2度くらいしか車に乗らない方は、月に1度の点検を行っても、アンバランスの変化すらほとんどないと思われます。

しっかりと毎月1度の点検を行い続けて、アンバランスがあらわれ始めるのは、3ヶ月か4ヶ月くらい経ってからです。

これは1度限りではなく、その後も同じだったことや、 時には6ヶ月経ってもほとんど空気圧に変化がない事もあります。

通勤などで毎日、車に乗る方は『月に1度の点検』の必要はあると思いますが、週1回か2回程度であれば、月に1度の点検はそれほど重要ではないと感じました。

参考になるかわかりませんが、この時に使用していたタイヤは寿命が近いタイヤを履いており、その後、新品タイヤに交換しましたが、古いタイヤも新品タイヤも、空気圧の変化に違いはありませんでした。

タイヤの古さと空気圧の低下に関係性があるかわかりませんが参考までに。

まとめ

1:タイヤの空気圧の点検は『ガソリンスタンド』で依頼する。

2:点検費用は『無料』 点検にかかる時間は『5分前後』

3:空気圧の点検は、基本は月に1度行う

今回も最後までお読み下さり、ありがとうございました!

関連記事>>>『タイヤの空気圧が自然に下がる理由は?季節の気温の変化も関係している?』

関連記事>>>『タイヤには窒素ガスを入れる?充填のメリットとハンドリング効果は?』

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください