ランフラットタイヤに釘が刺さったとき修理費用は?パンクしたまま走行は可能?

ランフラットタイヤ

ランフラットタイヤに釘がささったパンクの場合に不安になることは、『ランフラットタイヤは一般的なタイヤに比べて修理費が高くなる?』と思われる方がいらっしゃると思います。

また、『釘がささったりバーストした状態で走行することは問題ないの?』と不安に思われる方もいらっしゃると思います。

ランフラットタイヤは一般的なタイヤに比べて高価なタイヤになりますので、そのような気持ちになってしまいます。

今回はこの2つの不安について解決していきます。

Sponsored Link

釘がささった場合の修理費用は?

ランフラットタイヤの修理は、一般的なタイヤの修理に比べて高くなることは、間違いありません。

特殊なタイヤの為、設備や手間などからどうしてもそうなってしまいます。

しかし、タイヤ修理店により金額に大きながあります。

一般的なタイヤの修理費(工賃含む)と比べてお話ししていきます。

一般的な修理費

よくあるタイヤ修理店では、タイヤ1本あたり +250円 +6,000円で修理が行えます。

某タイヤ販売店にて修理を行った場合は、1本あたり +2,000円 +2,500円程度です。

現状は修理店により金額は “まちまち” です。

また修理店によっては、タイヤのサイズによっても料金が異なる修理店もありますし、タイヤサイズ問わず修理費が同じ店舗もあります。

Sponsored Link

 

修理費が高いところ

ディーラー

同じ釘がささったタイヤですが、その修理費に驚くほど差があるのは、ディーラーです。(なかにはカー用品店も一部含まれることがあります)

ディーラーで修理を行った場合は高くなる傾向があります。

1本あたりの修理費が10,000円程度します。

またディーラーの場合は、修理することを断るところもあります。修理ではなく交換を薦められることもあります。

さらに交換することになった際は、パンクしたタイヤと反対側のタイヤも交換を薦められます。

つまり、左右1セット交換を薦められることが多いです。

この場合はタイヤ2本を交換することになりますので、多少の割引はあると思われますが、20,000円近くの出費にはなると思われます。

釘がささったパンクやバーストしたタイヤは走行可能?

釘がささった場合の走行は?

釘

ランフラットタイヤの場合も一般的なタイヤと同様に、釘がささったタイヤであっても走行が可能です。

その後、徐々にタイヤの空気が抜けてきますが、ランフラットタイヤの場合は、

タイヤの空気圧がゼロになっても時速80km/hで走行距離80kmまでの走行が可能です。

と謳われていますので、時速80km/hで走行距離80kmまでであればタイヤの空気圧がゼロであっても走行が可能です。

この条件から外れた場合は走行ができなくなります。

また、空気圧がゼロであっても走行は可能ですが、空気圧70kpa以下で走行をした場合は、タイヤを交換しなくてはならなくなります。

空気圧70kPa以下での走行を『ランフラット走行』と呼びます。

ランフラット走行についてはこちらをご覧ください。

関連記事>>>ランフラットタイヤの修理が可能な場合

釘が刺さった場合は、空気圧が70kpa以下にならない間に、タイヤ修理店を探すことをおすすめします。

関連記事>>>ランフラットタイヤはパンクしたら気づかないまま?走行できるけど修理は必要なの?

バーストした場合の走行は?

バースト

ランフラットタイヤにもバーストすることがあります。

バーストの度合いにもよりますが、ワイヤーが見えるくらいタイヤが損傷していても、何の違和感も感じることなく運転できることもあります。

バーストした場合であっても、先程と同じく以下の条件を満たしていた場合は、問題なく走行できるように思えます。

タイヤの空気圧がゼロになっても時速80km/hで走行距離80kmまでの走行が可能

まとめ

1:釘が刺さった場合の修理費は修理店により差がある。

 

2:ディーラーは原則、修理を行わず交換を薦める。

 

3:釘がささったタイヤでも条件を満たしていれば走行可能。

 

今回も最後までお読み下さり、ありがとうございました!

関連記事

『ランフラットタイヤはパンクしたら気づかないまま?走行できるけど修理は必要なの?』

Sponsored Link

新車を最も安く買う、賢い事前知識とその方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください