電動パーキングブレーキの構造とは?信号待ちと渋滞時の使い方を解説!

電動パーキングブレーキ

一部高級車にしか装備していなかった電動パーキングブレーキが、最近はミニバンなどにも装備されてきました。

電動パーキングブレーキの操作はシンプルで簡単ですが、操作方法を知らないとせっかくの便利な機能も使えないため、今回は構造を含めた使い方を解説していきます。

Sponsored Link

電動パーキングブレーキとは

電動パーキングブレーキ(EPB:Electric Parking Brake)とは、従来のワイヤーを引っ張る機械式パーキングブレーキ(サイドレバーブレーキ・サイドブレーキペダル)に替わる、電動で作動するパーキングプレーキ装置です。

ただし、ワイヤーの引っ張りを電動で行うタイプとは異なり、ワイヤーそのものが存在しないパーキングブレーキになります。

操作は自動と手動の両方を使い、スイッチ1つで簡単に作動解除ができます。

以前は、一部の高級車にしか装備していませんでしたが、最近はミニバンなどの車種にも採用されるようになってきました。

 

電動パーキングブレーキの構造

Sponsored Link

従来の機械式サイドプレーキはワイヤーを引っ張っり、車を駐車させていましたが、電動パーキングブレーキは、油圧ブレーキキャリパーにモーターと歯車を装備しています。

パーキングブレーキを作動させる動力源はモータになり、その力を歯車を介してプレーキパッドに伝えます。

ブレーキパッドに伝えられた力はブレーキディスクを押し付け、車両を駐車する力に変換されます。

従来の機械式のようにワイヤーを使うことはありませんので調整の必要ありませんが、モーターの寿命は考えなくてはなりません。

電動パーキングブレーキの使い方

かけ方(作動)

1:フットブレーキ(ブレーキペダル)を確実に踏み込こみます。

2:電動パーキングブレーキのスイッチ引き上げると作動します。

作動中にフットブレーキ(ブレーキペダル)を離しても、電動パーキングブレーキは作動を継続します。

 

解除

1:フットブレーキ(ブレーキペダル)を確実に踏み込みます。

2:引き上げたスイッチを元の位置に押し下げると解除になります。

 

信号待ちや渋滞時はブレーキホールドが便利

信号待ちの時にはブレーキホールド機能 (停止保持機能)が便利です。

最初にブレーキホールド機能をONにしておきます。

車が停止中にブレーキペダルから足を離しても、自動でパーキングプレーキがかかります。

信号が青に変わり発進する際は、アクセルペダルを踏み込むと自動解除します。

 

坂道発進の使い方

1:シートベルトを締めます。

2:電動パーキングブレーキのスイッチを引き上げ作動させます。

3:シフトポジションがドライブ(D)になっていることを確認します。

4:アクセルペダル踏み込みます。

5:電動パーキングブレーキは自動解除します。

 

電動パーキングブレーキを作動・解除する際には音がしますが、この音は作動音であり異常な音ではありません。

 

以上が、電動パーキングブレーキの基本的な使用方法と街乗りでよく使う使用方法です。

 

まとめ

1:電動パーキングブレーキの構造は、ブレーキキャリパーにモーターを装備したブレーキシステムです。

 

2:信号待ちや渋滞時には、ブレーキホールド機能(停止保持機能)が非常に便利な機能です。

 

3:坂道発進時は、後退することなく発進ができます。

 

最後までお読み下さり、ありがとうございました。

Sponsored Link

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください