「車の構造」 一覧

マツダ MAZDA

車の構造

マツダが後輪駆動車と直列6気筒エンジン搭載を検討!対象車種や時期は?

2018年5月8日に、MAZDA(マツダ)が『CX-5』、『CX-8』、『CX-9』、『アテンザ』が2019年以降のモデルチェンジを機に後輪駆動へ転換する方向で検討していることがわかりました。   【一部引用:中國新聞 アルファ】 マツダが2023年度までの中長期の経営方針で示した二つの商品のうち、車体の大きなラージ商品群は原則、後輪駆動にする方向で検討していることが7日、分かった。 ラージ商品群はスポーツタイプ多目的車(SUV)のCX-5,CX-8,CX-9に加え、セダン系はアテンザが含まれる ...

ランフラットタイヤ

車の構造

ランフラットタイヤの構造とTPMSについて解説!乗り心地についても

一般的なタイヤはパンクをした際、スペアータイヤに交換をするなど、そのまま走行を続けることはできませが、ランフラットタイヤは一定の条件であれば走行ができてしまいます。 その理由はランフラットタイヤの構造にあります。 ランフラットタイヤの構造は一体どのようになっているのでしょうか。 圧力センサーのTPMSや乗り心地とあわせて、解説していきます。 Sponsored Link   ランフラットタイヤの構造と特徴 ランフラットタイヤがパンク後も走行できる条件とは? 『タイヤの空気圧がゼロになっても時速8 ...

ランフラットタイヤ

車の構造

ランフラットタイヤのメリットとデメリットについて!普及しない理由は?

ランフラットタイヤは安全面において優れたタイヤです。 パンク瞬間時の危険回避にあわせて、二次的な危険回避にも良い面をもたらすタイヤです。 2000年頃から欧州を中心に、2000年後半頃からは米国にも普及し始めましたが、日本ではまだあまり普及はしていません。 なぜ、欧米と日本では普及に差があるのか? その疑問についてメリット、デメリットからお話していきます。 Sponsored Link   ランフラットタイヤのメリット パンクしても余裕がある パンクをしても時速80km/hで距離80kmまで走行 ...

Copyright© 車をお得に買い替える , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.