新車を最も安く買う方法!値引きと購入費用を抑えるコツと時期を徹底解説!

ライバル車

新車を購入する際、『少しでも安く買いたい』と考えるのは、誰もが思う本音です。

安く買いたいといって闇雲に値切れば良いというものでもなく、値引きしてもらいやすいタイミングや値引きのコツがあります。

ディーラーのことを知り尽くして交渉に望めば、新車を安く購入することができます。

当記事では、新車を安く購入する方法として、ディーラーに行くタイミングやディーラーでの交渉、やってはいけないNG行為などについて、これからお伝えしていきます。

この方法に基づいて新車を最も安く購入し、素敵なカーライフを楽しみましょう。

車両価格が最も値引きする時期は3月

決算期

1年の中で新車を最も安く買える時期は3月です。

3月中に新車登録を完了しないと大きな値引きをしてもらえません。

次に安く買える時期は、9月中間決算の時期、その次は6月~7月の賞与(ボーナス)、11月~12月の賞与(ボーナス)の順になります。

毎月15日~20日頃は、運次第では安くなることもあります。

  1. 3月 (決算)
  2. 9月 (中間決算)
  3. 6月 ~ 7月 (夏の賞与)
  4. 11月 ~ 12月 (冬の賞与)
  5. 毎月15日前後

3月の新車登録を狙う

3月は多くのディーラーが決算期を迎える追い込み期間です。

その為、1年の中でも特に値引きの期待が持てます。

3月は新車を安く買える傾向が強くなり、事実、3月は圧倒的に月の販売台数が多くその他の月に比べて2倍に増します。

自動車ディーラーは販売実績により、翌年度におけるメーカーからのインセンティブ(目標達成の報奨)が大きく変わります。

販売実績が良いと翌年度のインセンティブも良くなり、販売実績が悪いとインセンティブも悪くなります。

ディーラーはインセンティブの為に、大幅な値引きをしてでも販売台数を上げようと必死になります。

なぜなら、インセンティブは値引きの原資となる為、ディーラーにとって好循環となるわけです。

最後の追い込みである3月が特に安くなる理由はこのことからです。

ただし、3月の販売台数として計上されるには、3月中登録した車に対してです。

交渉は3月に開始したものの交渉が長引いてしまうと、登録が4月にずれ込みその際は大きな値引きは期待できなくなります。

車庫証明の取得に1週間の期間を要するとすれば、3月15日頃までには決めたいです。

3月15日を期限に逆算していくと2月下旬~3月上旬頃には交渉を開始し、車種選びは2月上旬~2月中旬頃が開始になります。

人気車種で購入までに2ヶ月前後と時間がかかりそうな車種は、もう少し早めに開始します。

あまりに早い場合は2月中に決まってしまい、大幅な値引きが期待できる3月から外れてしまいますので、早すぎるのも気をつけたいところです。

月末に期待が持てる場合

カレンダー

3月登録を意識した上でさらに月末に近い時期を狙うと、更に値引きの期待が持てることがあります。

ただし、先程お伝えしたようにあまり引き伸ばすと、4月にずれ込む恐れがあります。

月末に値引きの期待が持てる理由は、営業担当者がノルマを達成する為に値引きをしてでも販売台数を上げるためです。

営業担当者がノルマを既に達成している場合は値引きは難しくなります。

担当になる営業の方がどなたになるかは運による為、あまり期待を持ち過ぎないことです。

  1. 2月上旬~2月下旬・・・車種選び
  2. 2月下旬~3月上旬・・・交渉開始
  3. 3月15日~ ・・・・・・契約

9月が安い理由

3月ほど大きな値引きはありませんが、9月は中間決算の時期であることから値引きの期待は持てます。

6月~7月が安い理由

6月~7月は夏の賞与(ボーナス)が理由です。

11月~12月が安い理由

11月~12月は夏と同様に冬の賞与(ボーナス)が理由です。

毎月15日前後

営業の方には毎月のノルマがあります。

例えば、3月の売り上げ台数のカウントは、3月に登録された台数になります。

3月に登録を完了するには、15日~20日位には車庫証明の登録を完了していなければ売り上げ台数にはカウントされません。

営業ノルマを達成する為に、毎月15日前後に多少安くなることがあります。

ライバル車種の見積もりを取る

新車

欲しい車種には必ず競合するライバル車が存在します。

自分が欲しいと思わない車種であっても、ライバル車見積もりはとっておきましょう。

例えば、日産:フーガが欲しい場合は同時にトヨタ:クラウンなどの見積もりも取っておきます。

見積もりを取るライバル車種は、3車種、4車種と多ければ多いほど交渉時に有利に働きます。

本命の日産:フーガ1台に限定した場合、交渉時に不利になることが考えられます。

不利にならないよう、希望していない車種であるとしても『ライバル車の見積もり』を取るようにしましょう。

ライバル車の見積もりを取る理由

ディーラーの営業は、『なるべく値引きを抑えて高く売りたい』と考えています。

こちらが、単刀直入に『値引きをして下さい』と言うよりは、『他のライバル車はこれだけの値引きがあります』と言う方が、ライバル車を意識して値引きをしてくれる可能性が高まります。

ライバル車の見積もりを提示する理由は、『ライバル車と競わせて大きな値引き』をしてもらうためです。

ディーラーへ行く前に絶対すべきこと

自分の車を買い取り査定に出す

ディーラーに行く前に、現在の自分の車の『価値』『相場』を知っておく必要があります。

その為に、買取り業者に査定に出しておきましょう。

自分の車の価値や相場がわからなければ、間違った情報を鵜呑みに信じ込んでしまいます。

本当は自分の車には150万円の価値があるのに、ディーラーから「100万円です」と言われると、自分の車の価値や相場は100万円と思ってしまうものです。

現在の車の価値・相場を知っておくことは、今後の交渉を進める上で損をしないためや足元を見られないためにも必要なことです。

買取り価格に比べて下取り価格が低い時は、『別のところではもう少し高かった』と言うことができ、下取り価格の値上げも期待できます。

交渉のために自分の車の価値を確認する。
    ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
《車買取》愛車を一番高く売るなら♪

交渉時の心得

交渉

何車種か候補があることを伝える

本命の車種が決まっている場合であっても、営業の方にはそのことを伝えてはいけません。

交渉を有利に運ぶ為には、『車種はどれにしようか迷っている』と伝え、希望していない車種であってもライバル車種も含めて候補に挙げるようにします。

例えば、日産スカイラインが本命の場合は、トヨタ:マークX や マツダ:アテンザなどを候補に挙げておくと交渉の際に有利に運べます。

同じメーカーでも店舗により異なる

トヨタのプリウスは、『トヨタ店』『トヨペット店』『カローラ店』『ネッツ店』と全チャネルにて販売されています。

プリウスを希望している方であれば、販売チャネル別に見積もりを取り価格競争させることもできます。

面倒に感じるかもしれませんが、後々、何万円の差を生むかもしれませんので競わせる価値はあります。

同じメーカーのディーラーであるとしても、店舗により販売実績が異なる場合は、値引き幅も異なりますので条件が同じとは限りません。

交渉と見積もりは項目別行う

交渉見積もり項目別に依頼することです。

項目別に交渉と見積もり依頼を

(1):新車の値引き交渉と見積もり

(2):下取りの交渉と見積もり

(3):オプションの交渉と見積もり

これらは別々に交渉します。

交渉を別々に行う理由は、項目別に見積もり金額を出してもらう為です。

全てを含めた交渉の場合、見積もり金額は合算した総支払額が提示されます。

合算した見積もり金額(総支払額)では、詳細な値引きや大きな値引きがあったことがわからなくなりますので、必ず項目別交渉項目別見積りを依頼することが重要です。

もし、心の中に下取りに出す予定やオプションをつける予定がある場合であるとしても、まずは車両本体価格諸経費のみの見積もり金額を依頼することが重要です。

その後に、下取りがある場合は下取りの見積もり、オプションがある場合はオプションの見積もりを個別に依頼します。

車両本体やオプションには、それぞれ値引きの限界が設けてありますので、交渉の際は1つ1つ交渉することが値引きを大きく引き出せます。

必ず項目別交渉見積もりを依頼します。

 

合算した見積もり実例に『下取り調整』というものがあります。

下取り調整とは

  • 新車の価格から大きく値引きをした場合、下取りの値引きを抑えて割引きを少なくする。
  • 下取り価格から大きく値引きをした場合、新車の値引きを抑えて割引きを少なくする。

どちらの場合も、値引きを抑えて±0に近づけようとするものです。

自分の情報や手の内は明かさない

あまり情報を出さないことは相手に本気で車を購入する気があるか疑われてしまいますが、その反対に情報の出し過ぎは相手に自分の弱みを握られてしまいます。

交渉を有利に運ぶ為には自分の手の内は明かさないことです。

何か聞かれた場合に、伝えてしまうと不利になるようなことは『迷っている』などと濁しましょう。

例えば、本命の車両を伝えてしまうと、『値引きをしなくても買ってくれそう』と思われてしまいます。

他の車種も気になっていることを示すと、ディーラーは購入に至って欲しい為に値引きや好条件を提示します。

交渉が進むにつれて営業の方と仲良くなった際も、思わず自分の情報を明かさないように交渉を進めて下さい。

車の買い替え期限を伝えることはNG

例えば、今月中に車を買い替える必要があるなど、車の買い替え期限をディーラーに伝えると弱みを握られます。

ディーラーは、『値引きをしなくても期限が近づけば車を買ってもらえる』と考えるからです。

このような場合では値引きの期待が薄れ、交渉のペースも期限を意識したペースになります。

もし、車がすぐに必要なことをディーラーに見抜かれてしまった時は、他の販売店を引き合いに出すことや、『条件が悪ければ引き続き今の車に乗ることも検討している』などと伝え、相手優位にならないようにしましょう。

予算金額を伝えることはNG

具体的な予算金額を言うと交渉を進める上で、不利になりますので伝えないようにしましょう。

予算を伝えてしまった場合、予算金額までしか値引きをしてもらえなくなります。

もし予算をお伝えしなければならない場合は、本当の予算より少ない金額を伝えましょう。

値引き交渉

値引き交渉

人気車種の値引き交渉

各メーカーの人気車種は値引きの期待があまり持てません。

特に、トヨタのアクア、日産:ノート、ホンダのフィットは価格もお手頃でメーカーとしても売れてもらわなくては困る車種です。

このような車種の場合は値引きは行わない方向で交渉を進められますので、値引きの期待はあまり持てません。

特にハイブリッド・カーは値引きをしない傾向が強いです。

このような車種はマイナーチェンジの時に値引きが行われますので、その時期を狙うと安く買うことができます。

反対に販売価格が高い車種であれば大きな値引きに期待が持てます。

近年は販売価格が高めの300万円クラスが多くなっているため、ライバル車が多く値引きの期待が持てます。

特に高級車のように500万円以上では大きな値引きが期待できます。

ただし、レクサスはブランドイメージを損ねるとのことで値引きはしない方針です。

車両価格と値下げ額の傾向

値引きの目安は概ね、車両価格の10%が上限、あるいは10%の値引きができれば上出来と言われています。

例えば、300万円の車両では10%にあたる30万円が値引きの上限になり、それだけの値引きができれば良い値引き交渉と言えます。

500万円の車両の場合は50万円が10%にあたりますが、50万円では『値引き』の範囲を超えますので、この場合は現実的に6%にあたる30万円が限界となります。

30万円の値引きができれば良しとしましょう。

新車の場合は値引きをしなくても売れますので、期待が持てる値引き額は3万円から多くても5万円ほどになります。

もっと大きな値引きを期待したい場合は、マイナーチェンジの時期を狙うことです。

値引きが難しい時はアクセサリー類

これ以上の値引き交渉が難しい場合は、アクセサリー類をつけてもらうようにしましょう。

もともとアクセサリー類は原価がそれ程高くないものが多いため、思いのほか簡単にサービスをつけてくれることがあります。

特にカーナビは新車購入時につけておくと『ナビ割』が適用できお得になります。

オプションの値引きは最大で2割(20%)まで可能な為、他で値引きが難しい時はオプションにも目を向けましょう。

高く買い取りができれば大きな値引きと同じ

現在の車を高く売ることは、実質、次の車を安く購入することになります。

買取り

車の状態により『下取り』が良い場合と『買取り』が良いか場合がありますので、両方についてお伝えします。

下取り価格(査定)は、新車納車後に下取り車両が入庫した時点の査定額になるため、下取り価格(査定)を決める場合は納車が1ヶ月先であれば1ヶ月分落ちた査定額になります。

買取りの場合は、すぐに買取りをしてもらいますので現時点での買取り価格になります。

下取りとは

下取りとは、新車購入前提に買い取ってもうらうことです。

下取りが良いと言われる一般例は、年式の古い車両や走行距離が多い車両です。

買取りでは値段がつかないような古い車両であっても走る車であれば年式・走行距離を問わず、5万円~10万円程の一定額がつくことは多くあります。

メリットは同じ店舗で新車と下取りの手続きを同時に行えることです。

デメリットもあり、ディーラーに下取りを依頼した際には以下の費用が請求されます。

・下取車査定料

・下取車書類代行手数料(下取り諸費用)

上記2つが一式となっており、およそ15,000円~20,000万円程の費用がかかります。

買取りとは

買取りは新車購入無い場合でも買い取ってくれる上、一般的に下取り価格に比べて高い値段がつきます。

車両によっては下取り価格との差が30万~50万円になることもあります。

買取りが良い場合は、人気車種で車両が新しい場合や走行距離も少い場合です。

一定層のファンに人気のあるスポーツタイプの車なども高値がつきやすい傾向にあります。

手続きにかかる手間も少なく必要な書類を揃えると、後は全て買取り業者にお任せできますので、書類提出後は買取り価格(買取り査定)を待つのみです。

買取り査定は一括で申し込めるサイトもありますので、そういったサイトを利用することが時間的効率が良いです。

一定層のファンがいる車両は買取り

最近は下取り価格に比べ、買取り価格の方が高い査定額がでる傾向にあります。

例えば、スポーツタイプのマニュアル・FR車であれば一定層の根強いファンがいます。

根強いファンいる車両は買取り価格に期待が持てます。

一方、ディーラーは車を売ることが本業ですので、車の販売やメンテナンスで利益を出しています。

根強いファンがいる車両であっても、余程のことがない限りは高値がつくことはありません。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

ローン選びについて

ローン

新車購入の支払いにローンを利用する場合は、利用するローン選びにより金利(%)に大きながあります。

金利(%)に差があると、総支払い額に大きな差となりますのでローン選びも気に留めましょう。

一般的にディーラーでローンを組んだ場合は高くなります。

  金利 (%)
ディーラー 8%
銀行 3%
信用金庫 2%

銀行系や信用金庫はディーラーに比べて金利(%)は半分以下です。

ディーラーローンを選んだ場合、定期点検やサービス等のメリットを受けられると言われますが、それらを利用しても金利の穴埋めをするには足りず、ディーラー以外を利用した方がお得になります。

ディーラーでローンを組むメリットは、審査基準が低くくローンが組みやすいことです。

NGな交渉

いきなり最大値引きを聞き出す

複数の店舗を訪れると次第に値引きするタイミングがわかってくることがあります。

面倒に感じたとしても、交渉開始早々に値引きを持ち出すことは良くありません。

結論を引き延ばす

先程、購入時期など自分の手の内を詳細に明かさないのは自分に有利に交渉を進めるための戦略とお話しましたが、大きな値引きを引き出す為にあまりにも結論を引き伸ばすと『本当に買う気がある?』と思われてしまいます。

横柄な態度

高額なものを契約するからといっても、横柄な態度では敬遠されます。

自動車は購入後もオイル交換や車検やトラブルなどでお世話になることが多くあります。

お互いの関係を良好にしておいた方が、今後の関係にもメリットがあります。

車を高く売って、新車を安く買う方法のまとめ

1:値引き交渉は決算期の3月が一番期待を持てます。3月以外では9月、夏の賞与、冬の賞与の順に期待が持てます。

2:ライバル車の見積もりは希望していない車両であっても必ず取りましょう。

3:交渉の前には必ず自分の車の価値を知っておく必要があります。

4:値引き交渉は項目別に行いましょう。合算見積もりは下取り調整の懸念があります。

5:交渉の際は、自分に不利になる情報は明かさずに、『迷っている』などと濁しましょう。

6:今の車を高く売ることは、実質、次の車を安くすることになります。一括買取り査定サイトの利用が時間的効率が良いのでおすすめです。

7:ローンの選び方で金利が大きく異なります。金利が低いところは信用金庫や銀行系です。

8:交渉の際はNG行為にも気をつけましょう。

あなたが新車を最も安く買うことができる買い取り業者を見つけましょう

全国にある150社以上の買取業者へ一括で査定ができるサイトです。

車買取業者により査定額は異なりますので、1社のみの査定では本当の車の価値がわかりません。

『なるべく車を最高額で売りたい』とお考えの場合は、一括査定であれば同時に複数の査定額が比較でき、一番高い査定額に売却することができます。

最大で10社の一括査定が無料で行えます。

 

 

《ズバット車買取比較》最大10社無料一括査定

3分程度の入力作業で完了する無料買取一括査定サイトです。

他では掲載されていない買取店も含まれている為、最高額の買取店が見つけやすくなります。

 

  

あなたの愛車を一番高く買い取ってくれるお店探し

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください